スポーツのメッカとして全国に知られる菅平高原は、爽やかな気候がスポーツに最適です。
当ホテルでは、ラグビー、テニスはもとより、各種スポーツに対応する専用施設を完備。
滞在スケジュールが豊富になるのはもちろん、学校では体験できないスポーツにも挑戦できます。
●専用グラウンド4面
 (グラウンドはホテルに隣接しています)

SPORTS AREA
SUGADAIRA

日本を代表する菅平高原のスポーツ合宿。
菅平高原は標高1300m準高地。
爽やかな気候に恵まれた強化合宿のメッカ。

標高1,300m、真夏の平均気温19.6℃とスポーツに最適な菅平高原で最初にスポーツ合宿が行われたのは昭和6年で、当時ホテルが夏場の利用客を増やそうと大学ラグビー合宿を誘致したのが始まりです。東京オリンピック選手強化合宿も行われ、昭和42年日本ラグビーチームが合宿に訪れて以来、夏期合宿には菅平高原が最適であると認められました。グラウンドは現在80面以上、ほとんどが安全な芝グラウンドです。

設備が行きとどいた芝グラウンド。
菅平イナリールホテルは専用芝グラウンドを4面有し、いつでもベストコンディションで使用していただけるよう整備が行きとどいております。
また同じグラウンドをサッカーも共用するなど、多種目の合宿が菅平高原で行われています。テニスコートも約400面を有し大学のサークルを中心に利用者が訪れます。こうしてグラウンドを利用するラグビー、サッカーなどの他、屋内スポーツ、スカイスポーツ、テニスと50〜60万人もの人が合宿に訪れる菅平高原は、まさに日本を代表するスポーツ合宿のメッカといわれています。